twitter
facebook

高尾山

高尾山

「高尾山」は世界で一番登山客の多い山です。

高尾山は、東京都八王子市にある標高599mの山です。東京都心から近く、年間を通して多くの観光客や登山者が訪れています。明治の森高尾国定公園に指定されており、キャンプやバーベキュー等、また、植物の採取、鳥類の捕獲も禁止されています。
 
中腹には、数多くの建物や文化財を有する高尾山薬王院の他、サル園・野草園や標高500mからの夜景を楽しめる高尾山ビアマウント(夏季限定)等があります。山頂には、展望台や高尾ビジターセンターがある。長さ1,697kmの東海自然歩道の起点でもあります。また明治以降、高尾山薬王院の参拝客に元気をつけてもらおうと振る舞ったのが始まりのとろろそばは高尾山の名物であり、ふもとから山頂に点在する各店がそれぞれメニューを提供しています。
 
暖温帯系の照葉樹林帯(カシなどの常緑広葉樹)と冷温帯系の落葉広葉樹林(ブナ・イヌブナ・ナラ・ホオノキなど)・中間温帯林(モミ・ツガなどの針葉樹林)の境界に位置するため植生が豊かであり、しかも都市部に近い割には比較的よく保たれています。
 
高尾山は、東京近郊の行楽地として有名であるが、元来は修験道の霊場であり、現在は真言宗智山派大本山高尾山薬王院有喜寺の寺域となっている。そのため、天然の森林が守られてきた。中世には、八王子城主北条氏照による「本山の竹木の伐採を禁じる」という制札が薬王院に残されており、江戸時代にも幕府直轄領となり八王子代官・大久保長安が山林保護政策をとり、その書状が同じく薬王院に残されている。その後も帝室御料林、国有林と常に保護されてきた歴史があります。
山頂から東側は八王子市や相模原市などを中心とした関東平野の街並や、筑波山、房総半島、江の島まで眺めることができる。また西側は丹沢山地や富士山を見渡せる。冬至の前後数日間には、富士山の真上に太陽が沈むダイヤモンド富士を見ることができる。また八王子八十八景にも選ばれている。また、高尾山には古くから天狗が存在しているとの伝説もあります。
オリエンテーリングのパーマネントコースも整備されており、トレイルランブームも相まって競技に興じる人がよく見られます。
毎年春と秋に高尾山から陣馬山にかけてのスタンプハイクというイベントを開催しています。
また、東海自然歩道の起点となり、コースは、直に自然に触れ、埋もれがちの貴重な文化財に出会うことを条件に選定され、関係都道府県は1都2府8県に及び、東京都・大阪府・京都府・神奈川県・山梨県・静岡県・愛知県・岐阜県・三重県・滋賀県・奈良県の各都府県を国定公園でつなぐ形で、名勝地をはじめとして古戦場、旧街道、伝説の地など歴史を忍ばせるものが随所に見られます。
 
高尾山が人気の理由は、登山の初心者でも、女性友達、恋人同士、お子様連れでの登山にもオススメです。
まず第一の環境として、交通アクセスが抜群だということです。高尾山口駅は、都心、新宿から特急で直通46分。そこからアスファルトの道を10分歩くと、ケーブルカーの駅でもある登山の出発地点にたどり着きます。その日のコンディションによって、ケーブルカー、リフト、複数の登山道から、選択することができ、どんな年代の方にも対応できます。
また、食事の場所、トイレなどのインフラが整い、登山で必要となる装備も、最小限でおさえることができます。また、登山上級者にも、大阪府箕面市までつづく東海自然歩道の起点であるほか、高尾山頂から、城山、小仏、景信山などの縦走ルートが整備されており、高尾山、陣馬山、奥多摩まで登山者の難易度に応じてハイキングをすることができます。
 
歴史
1927年(昭和2年)高尾山ケーブルカーが清滝と高尾山の区間で開業した。この年に、日本百景に選定される。
1967年(昭和42年)京王帝都電鉄京王高尾線北野駅 – 高尾山口駅間開業。
1967年(昭和42年)明治の森高尾国定公園に指定される。
2005年(平成17年)関東の富士見百景に選定される。
2007年(平成19年)から連続して、ミシュランガイドで、最高ランクの“三つ星”の観光地に選出されている。
2012年(平成24年)首都圏中央連絡自動車道(圏央道)高尾山ICから八王子JCTまでの延長区間2kmが開通。
 
登山者数
高尾山は、東京都心から電車で約1時間で行くことができる交通アクセスの良さや、ケーブルカーなどを使って気軽に登山できることから、老若男女問わず登山者数が多い。年間の登山者数は約260万人を超え、世界一の登山者数を誇る。
 
登山道
山頂へは登山道(自然研究路など)が整備されており、各種ルートを組み合わせて低山登山が楽しめる。なお、高尾山の標高は低いが登山口の標高も低いため、標高差は小さくはない。どのルートを通っても、山頂までの所要時間は全行程徒歩で1時間~2時間程度である。
 
1号路(表参道)
東海自然歩道にもなっている標準的な登山ルートである。リフト乗り場の北側を進み、山頂駅、薬王院、高尾山山頂に至るルート。途中に展望台の金比羅台がある。ルートはほぼ石畳舗装されており、土に触れあいながらハイキングするようなルートではなく、車での資材運搬などにも使われるルートである。ケーブルカー山頂駅までの傾斜はきついが、その後は薬王院などを観て歩くことができる。
 
2号路
ケーブルカーの山頂駅からサル山の南麓、神変堂、浄心門を経て山頂駅へ戻るルートである。
 
3号路
神変堂の南側から薬王院の南側斜面をたどり山頂へ至るルートである。薬王院そのものは経由しない。終盤、尾根を直登する厳しい箇所がある。南斜面であるため、周囲は暖温帯の照葉樹林が中心だが、山頂近くではモミの密生する中間温帯林となる。
 
4号路
浄心門から左(北側)に分岐するのが4号路。展望はあまり良くないが、1号路に比べ歩く人が少ないため、静かな山歩きが楽しめる。2011年(平成23年)3月現在、一部が登りのみの一方通行である。
 
5号路
高尾山山頂直下を周回するルート。
 
6号路
途中に琵琶滝を経由するので琵琶滝ルートと呼ぶ。沢沿いを歩くので夏、暑いときに最適なルート。ケーブルカー山麓駅南側の道路をそのまま進んで行き、保養院の手前を左に入る。序盤は楽だが、沢を詰めた後の山頂直下は階段の急登となる。途中に沢の中を飛び石づたいに登る箇所があるが、この飛び石の部分がわかりにくく、道なりに歩いてしまうと稲荷山コースに合流してしまう。ただし、このまま稲荷山コースを登って山頂直下の階段を避けるコース(稲荷山コースの項参照)もある。また、途中の琵琶滝から右手に尾根を上がり、ケーブルカー山頂駅のあたりの霞台で1号路と合流するルート(特にこの部分のみを琵琶滝ルートと呼ぶ場合もある)があるが、途中は急斜面となっている。なお、琵琶滝では有料で滝修行が体験できる。
 
稲荷山コース
ケーブルカー山麓駅南側を流れる小川を渡る橋から取り付くルートである。高尾山の南側に伸びる稲荷山の尾根筋を歩くため、尾根の取り付き部だけ少しきつめの登りがあるが、途中標高400m付近の「あずまや」を過ぎると緩やかな登りになる。あずまやのある場所は、冬の天気が良い時期なら筑波山まで遠望できる良い展望台となっている。コースの最後である山頂直下には230余段の階段が待ち構えている。
 
その他のルート
バスを使うルートとして、
JR高尾駅から「小仏」行
「蛇滝ルート」:「蛇滝口」から蛇滝を経てケーブルカー山頂駅付近に至る。
「いろはの森(日影沢)ルート」:「日影」から日影沢林道を通り、登山道に分岐し「いろはの森」を抜ける登山道。4号路、1号路に接続する。
「小仏」から小仏峠、小仏城山を経て高尾山山頂へ向かうルート
JR高尾駅から「陣馬高原下」行
「陣馬高原下」から和田峠、陣馬山、小仏城山を経て高尾山山頂へ向かうルート
など、難度や時間設定を組み替えることができるほど良好な歩道が整備されている。
 
奥高尾縦走路
高尾山山頂から、一丁平、小仏城山、小仏峠、景信山、堂所山、明王峠、陣馬山、醍醐丸、奥多摩の三頭山になどへ向けて、東海自然歩道、関東ふれあいの道など、尾根筋の登山道が通っている。
 
登山上の注意点
東京都内では珍しいムササビの生息域である。遊歩道の近くに巣穴を持つ個体もいる。
国定公園であり焚き火やキャンプは禁止されている。また、許可車両以外、オートバイをはじめ、マウンテンバイクなどの自転車も入山が禁止されている。
不適切な靴で登山し夜になってしまい灯火を持たない事により、登山続行が困難となるケースがある。
 
交通・アクセス
<電車の場合>
京王電鉄高尾線高尾山口駅下車
中央線高尾駅下車、京王電鉄高尾線乗換え
新宿駅より直通特急46分。
 
→高尾山口駅(京王高尾線)時刻表(平日)
→高尾山口駅(京王高尾線)時刻表(土日祝日)
 
<車の場合>
国道20号沿いの八王子市営高尾山麓駐車場や高尾山薬王院祈祷殿駐車場に、数百台駐車することができます。
また、混雑期間は隣駅の高尾駅に臨時駐車場に駐車することができる。
圏央道高尾山インターより、5分。
 
<ケーブルカー・リフト> 
山の中腹(標高470m付近)までは、高尾登山電鉄の高尾山ケーブルカー、あるいはリフトで登ることができる。
 
→ケーブルカー時刻表・営業時間
→リフト時刻表・営業時間
 
高尾山の植物
周辺には、非常に多くの種類の植物が自生していて、田中澄江により花の百名山に選定されている。
 
ブナ
高尾山にはブナ(イヌブナが黒っぽい幹なのでクロブナとも呼ぶのに対して、こちらをシロブナと呼ぶことがある)も見られるが、イヌブナの方が数が多い。ブナに比べ材質が劣るのでイヌブナと呼ばれるが、実はブナと同じように食用になり、鳥やリスの好物である。ブナと異なり、太い幹の周辺から「ヒコバエ」(幹の根元から生える枝)が多数出るのが特徴である。一般に、ブナはより寒冷地に、イヌブナはより温暖地に分布し、高尾山以外の周辺の山にはブナは皆無である。また、現存する高尾山のブナはいずれも樹齢200年を越える大木ばかりで、実生や稚樹、若木などはまったく見られない。
 
スギ
薬王院境内を中心にスギの巨木が成育している。東京都指定天然記念物に指定されているスギ並木や飯盛スギなどといった樹齢700年とも1,000年とも語られる巨木が何本も存在し、高尾山のシンボルとして、古くから維持管理がなされてきた。こうした先人の努力は、薬王院への祈願が成就した参拝者が、杉苗料として金銭を奉納する慣習と残されていることからも伺い知れる。
薬王院の境内外は国有林となっており、ここにもスギ林は広がっている。一丁平に向かう歩道の脇には、江戸時代に韮山代官であった江川英龍が植えた人工林(江川スギ、2009年(平成21年)の段階で樹齢147年)が現存している。
 
高尾山のお土産
三福だんご
天狗焼
天狗煎
高尾まんじゅう
 
高尾山のグルメ(そば)
高尾山といえば、「とろろそば」が名物です。
香住
やまびこ茶屋
大見晴亭
曙亭
割烹橋本屋
高松屋
琵琶屋
高橋家
飯島屋
竹乃家支店
日光屋
紅葉屋本店
もみじや
にいの
栄茶屋本店
十一丁目茶屋
橋詰亭
つたや
稲毛屋支店
 
高尾山のグルメ(その他)
高尾山ビアマウント(2013年6月22日(土)~10月6日(日))飲み放題・食べ放題2時間制バイキング
キッチンむささび(レストラン)
もみじ台細田屋(なめこ汁)
うかい鳥山(鳥料理)
うかい竹亭(日本料理)
山の神(日本料理)
ごん助(郷土料理)
ふもとや(ヨーロッパ料理)
ろくざん亭(炭火焼き)
 
高尾山のおもなイベント
1月     初日の出(場所:高尾山山頂)
2月     高尾山薬王院節分会(会場:薬王院大本堂)
3月     高尾山薬王院火渡り祭(会場:自動車祈祷殿広場)
4月~ 5月 高尾山若葉まつり(会場:ケーブルカー清滝駅前他)
6月~10月 高尾山ビアマウント(場所:ケーブルカー高尾山駅そば)
11月    高尾山もみじまつり(会場:ケーブルカー清滝駅前他)
12月    ダイヤモンド富士(場所:高尾山山頂)
 
関連キャラクター
ムッちゃん(高尾山公認) FaceBook twitter
はっちお~じ FaceBook
 
関連アプリ
高尾山公式アプリ(Android版)
高尾山公式アプリ(iOS版)
 
高尾山周辺の施設など
トリックアート美術館
高尾の湯ふろッぴィ(日帰り温泉施設)
八王子城
武蔵陵墓地(昭和天皇陵/大正天皇陵)
 
高尾山関連のリンク
高尾山公式サイト
とことこ高尾山
高尾山マガジン
高尾ビジターセンター
高尾山薬王院公式ホームページ
高尾山商店会公式ホームページ
高尾山ナビ